転職者の声 転職者の声

INTERVIEW

転職者の声

藤野晃イメージ 藤野晃イメージ
藤野 晃 Akira Fujino
2013年入社 
第三事業グループ/シニアマネージャー
Interview01

JHC入社の理由

やったことがないことに挑戦する姿勢。

前職はオフショア開発の会社でSES(客先常駐)システムエンジニアとして働いていました。
一つのプロジェクトが終わるとまた、ゼロからスタート。継続性がないというか、現場で信頼を得ても次の現場にいく。
なんかそれだと頑張ってもなぁと。なるべく継続できるような環境が経験してみたかったというのが転職をしたいと考えたことのひとつでした。

そこで、たまたまSESでやっていた現場がJHCの現場だったんです。
非常にバタバタしていたプロジェクトで「うまくいかないところ」に自分の経験を活かしたいと、魅力を感じました(笑)

JHCとしてもやったことのない案件でして、スキームがまだできてなかったんです。何かひとつやるにしても、もう手探り状態。

中国資本の会社での経験もしたことなかったので、実力次第で評価をしてくれる会社だと思いました。それがJHCに転職した理由です。

現在は、クレジットカードシステムの開発をしており、メンバー10〜20人のチームリーダーとして現場の仕切りを担当しています。

入社の理由イメージ 入社の理由イメージ
仕事のやりがいイメージ 仕事のやりがいイメージ
Interview02

仕事のやりがい

常に考え、行動し続けること。

「どうやったらうまくいくか?」というのを試行錯誤しながらプロジェクトを進めていくことですね。
例えばコミュニケーション。電話やメール、テレビ電話で作業依頼をしますが、会話で「わかりました!」と返事がくるんです。

でも、その「わかりました」と言っても、成果物は期待とは違う場合があります。
1回確認して、さらにもう1回別なアプローチで確認する。

「どうやったら1回で伝わるかな?」「どうやったら良いものができるかな?」というのをあれこれ考えて仕事をすることは、やりがいですね。

オフショア開発の現場では、ちゃんと伝われば良いものができる。
最初にイメージしていた成果物が、想像していたよりも良いものが出てくる時もあります。
試行錯誤で得たノウハウを他案件にも広げることができれば、品質面でいいものが出せるなと感じました。

Interview03

挑戦したいこと

上流から中国のリソースを使いこなすこと。

一般的にオフショア開発で担当する分野は、プログラミングや単体テスト、プログラム構造設計、詳細設計といったプログラムに特化した部分を担当するのが基本的にオフショアと言われます。

一方、私の現場では、もっと上流の基本設計、要件定義の事前調査といったところに親会社のDHCの力を活かせないかと様々な挑戦をしています。

普段、技術営業もやっていて感じますが、今の日本では技術者を集めることが大変です。
現場が期間限定だと良い人がいても確保できないといった状態が頻発します。
そうなると疲弊するだけでなく、集まる人材の品質も保てません。コストも余計にかかってしまいます。

そこでDHCのオフショアの力を使えば、基本設計ができる技術者が中国側にいるので、開発案件があれば3ヶ月なり5ヶ月なりという期間、日本に来てもらい、基本設計、要件定義などを一緒にやることが可能です。

日本へ派遣された中国側のスタッフが、中国に戻り、オフショア開発現場のリーダーとなって工程を立ち上げることができます。

そういう上流からオフショアの力を活かせるような現場を日々開拓し、もっと広げていきたいですね。

挑戦したいことイメージ 挑戦したいことイメージ
JHCらしさを一言で表すとイメージ JHCらしさを一言で表すとイメージ
Interview04

JHCらしさを一言で表すと

言いたいことが言えて成長できる社風。

一言で表すと「成長」です。
親会社が中国なので、中国の経済の成長率と同じように伸びがあり、目指しているそのものが成長。それを日本でやろうとしているので、なかなか大変な面はありますが、成長を目指すバックの力、私達の力、体制、マインド等を活かして頑張りながら、大きな成長を目指すことが社風です。

会社の制度面に日本の文化はありますが、社員は中国籍であったり、日本に帰化した元中国籍といったメンバーが多く、「ノリ」は結構中国寄りです。
例えば打ち上げなども、周りのみんなをどんどん誘って飲みにいくような(日本に比べれば)珍しいくらい。「みんなで仲良く」という感じもありつつ、ある意味ドライなところもあったりと、楽しい時は集まります。「今日はちょっと・・・」と断りにくい雰囲気もありません。気を使いすぎず、言いたいことも言える雰囲気です。

あと、飲み会のお店選びを中国人メンバーに任せると、日本人が探せないような安くて良いお店をチョイスしてくれます(笑)。
口コミのネットワークがすごくて、良い情報を教わることも多いです。

Messageイメージ Messageイメージ
Interview05

求職者に対してメッセージ

JHCは頑張れば必ず評価してくれる会社

転職を考えるということは、現状を改善したいと考えたり、何か目標があると思います。
JHCは頑張れば必ず評価してくれる会社です。

直接お客様のところに行って仕事をするので、社内のチームというよりもお客様の評価を自分の努力、工夫次第でダイレクトに得られることが魅力です。
そこにやりがいもあると思います。

エントリーボタン
ご応募はこちらからイメージ ご応募はこちらからイメージ

Entry

ご応募はこちらから